仁木利郎先生(自治医科大学)

『標準病理学』編集者

病理学のように画像の理解が重要な領域では、iPad 上で病理組織の写真や模式図を拡大できる点は魅力的です。注目すべき所見にマーキングや書き込みが追加できるのも良いですね。検索機能により、必要な情報がどこにあるのか瞬時にわかるのも強みです。また、複数の書籍の「一括検索」も便利です。
 病理学の学習においては臨床の対比がたいへん重要となります。「一括検索」機能を活用して臨床の教科書に載っている解説もぜひ一緒に読んでほしいです。臨床系と基礎系のコンテンツの併用で、学習効果が格段にアップすることは間違いありません。
 電子版であれば何冊も重い本を持ち運ぶ負担もなくなりますので、「標準医学シリーズ」が学生の皆さんにとって更に身近な存在になるものと思います。

病理画像も拡大して詳細な確認が可能でき、画像の理解を助けます